お庭の管理、剪定等の実績をお伝えします。

敵(雑草)を知る「ヘクソカズラ」なかなか厄介なツル植物

あおいガーデンスタッフです。

暑い日が続きますね。
コロナウイルス対策でマスクをつける機会も多いので、どうぞ熱中症にお気を付けください。

さて、雑草を知るシリーズですが、今回は「ヘクソカズラ」です。
敵を知れば、対処法のヒントが分かるかもしれません。

なかなか厄介なヒドイ名前のツル植物「ヘクソカズラ」

今回、調べたのは、つる植物の「ヘクソカズラ」です。
悪臭があり、感じだと「屁糞葛」というひどい名前で、実際取り除くのが厄介ですが、かわいらしい花を咲かせ、実をつけるので、飾られたりリースの素材に使われることもあります。

ヘクソカズラの実

改めて、wikipediaから基本情報を引用してみましょう。

ヘクソカズラ(屁糞葛、学名: Paederia scandens)は、アカネ科ヘクソカズラ属の蔓(つる)性多年草で、やぶや道端など至る所に生える雑草。
夏に中心部が赤紅色の白い小花を咲かせる。葉や茎など全草を傷つけると、悪臭を放つことから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名がある。別名で、ヤイトバナ、サオトメバナともよばれる。

wikipediaより引用

「ヘクソカズラ」の駆除方法は?

ツル性の植物は、木や壁などさまざまなものに巻き付き、絡み合っているので、取り払うのに時間がかかります。
葉や茎を切るだけでは、いずれまた伸びます。

地表に現れている根元に近い茎を切り、根を取りましょう。
(絡み合っている茎を取り除かなくても、いずれ枯れます。全体を取り除く時間が取れない場合は、まずは、根に近い部分の茎を切ってください。)

除草剤を使う

広範囲にツル性の雑草が広がっているようであれば、除草剤を使うという選択肢もあります。

防草シートを敷く

つる性植物が繁茂しないよう予防として、防草シートを敷く方法もあります。
とはいえ、万全ではないので、つる植物が成長して伸びる前の小さなうちに対処すると、かける労力が少なくて済みます。

熱中症にならないように、涼しい時間帯を選んで作業してくださいね。

また、草取り・除草でお困りの時は、私たち「あおいガーデン」へご相談ください。

ブログ・実績一覧

  1. 台風・大雨・強風への備え方は?

    2020年10月7日

  2. 雑草駆除チャンスの時期は?秋は絶好のタイミング!

    2020年8月25日

  3. 蜂の生態 どんなところに巣を作る?どうしたら刺されにくい?

    2020年8月23日

  4. 敵(雑草)を知る「ヘクソカズラ」

    2020年8月15日

  5. 敵(雑草)を知る「メヒシバ」

    春から秋まで、いつも居る、あの雑草

  6. 敵(雑草)を知る「オオアレチノギク」

    夏に、気付けばあっという間に背が高くなっている、あの雑草

  7. 剪定を行いました。(マキやサツキ等)

    雨の日が多く取り掛かれなかったお庭の、マキの木やサツキを中心に剪定を行いました。

PAGE TOP